「グリーンターフプロジェクト」
学校の校庭緑化

私たちの考え方

日本中の子供たちが元気いっぱいに、怪我をすることなく走り回れるグラウンドを。
その理念を掲げ、天然芝であればポット苗による校庭の緑化、人工芝であれば、子供の安全性を重視したゴムチップがつかない天然芝に近い設計を施すなど、あらゆる教育現場のニーズに対応した緑のグラウンドを提案しております。

馬入サッカー場の天然芝を平塚市内小学校3校へ移植。

2002年ワールドカップが開催された際に、ナイジェリア代表のキャンプ地となった馬入ふれあい公園サッカー場も弊社グラウンドキーパー達が整備する競技場のひとつです。
2005年にこの馬入のナイジェリア・ピッチの芝生を天然芝から人工芝へ張り替える際、平塚市は子ども達がもっと芝と親密になれるアイデアとして、元の芝を廃棄するのではなく、平塚市内の希望する小学校の校庭に移植するというプロジェクトを提案・実行しました。父兄が責任を持って育てることを条件としたところ、移植を希望した小学校は3校あり、そのうちの富士見小学校では、ベルマーレの選手・関係者とともに子ども達が緑のタイルを敷き詰めました。その後芝はしっかりと根付き、一面の緑のカーペットが広がっています。

  • ポット苗

  • 芝生移植風景

  • 完成後の芝生で遊ぶ子ども達

校庭緑化の流れ

グラウンドキーパーが設置から完成まで行い、完成後は日々の維持管理をサポートします。
芝は放っておくと徒長してしまい、密度が上がらず、柔らかなクッションのようになりません。そのためには日々の芝刈り、肥培・水管理が欠かせないのですが、それをプロの業者が行うとコストが膨大にかかってしまいます。教育機関での校庭の緑化がなかなか行われないのはそこに問題があるのかもしれません。そこで校庭緑化の際、教職員・PTA・保護者の方々の維持管理の参加を勧めております。グラウンドキーパーは維持管理をサポートする側にまわることで大幅なコストダウンができ、自ら作っていく芝生への関心が増え、緑豊かな芝生がいつまでも保たれます。

整備した校庭のご紹介

湘南造園が整備を行った校庭の簡単なご紹介です。詳しい内容は下記「事例を見る」よりご確認下さい。

  • 平塚市立松が丘小学校

    校務、PTAが日常管理(芝刈り、散水、施肥、除草)を行い、私たちはそのお手伝いとして芝生に必要なエアレーション作業、施肥や播種の作業指導を行っています。

  • 平塚市立富士見小学校

    松が丘小学校同様に、校務、PTAが日常管理(芝刈り、散水、施肥、除草)を行い、私たちはそのお手伝いとして芝生に必要なエアレーション作業、施肥や播種の作業指導を行っています。

  • 青山学院初等部

    2007年の夏休みにトラック(走路)の内側を、ビッグロール施工により芝生化しました。日常管理である芝刈り、散水、除草は教職員と保護者のボランティアが行っています。

グリーンターフプロジェクトに関するお問い合わせ

  • [ TEL ]

    0463-32-5030

    月~金 9:00〜17:00 土・日・祝日休み

  • [ メールフォーム ]

    メールフォームにて
    問い合わせをする

    上記ボタンよりアクセスし、必要事項を記入し、
    送信をお願いします。