グリーンターフのスタッフブログ

On The Pitch

2009916

WOS

ウィンターオーバーシード略してWOS。

直訳すると 「夏芝の上に冬芝の種をまく。」 それだけ。

それだけですがとても大事な作業!

年に一度の種まき大会が始まります。(馬入は2面あるので2度ですが・・・。)

オーバーシードをすることで一年中緑を保つのはもちろんですが、夏芝のティフトンの上に冬芝を生育させることで、冬場の利用(踏圧や擦り切れ)から守る働きもあるのです!どちらかといえば後者のほうが重要なのです。

先週載せた写真。大量の袋の正体は・・・

そう!種だったのですよ!奥さん!

ペレニアルライグラスという草種でオーバーシードに適した品種を使っています。

それでは早速種まきを・・・


の前にまずは準備!

下の機械に乗って小さな穴を開けていきます。

これでまいた種が穴に落ち、定着しやすくなります。



こんな感じで↓

この作業を全面行い、準備は完了!






そしたらいよいよスタートです!

この機械を使って全面歩いていきます。

播種ムラが出ないように小分けにして、合計4往復歩きます。

途中体重計に乗って、どれだけ体重が減っているかを確認しながら・・・

ではなくて、一往復ごとにどれだけ種が落ちているかを量りながら・・・

ひたすら歩いていきます。

さらに歩いて・・・

歩いて・・・


24時間テレビにも負けず劣らずの感動的なゴールの瞬間!

額の汗をぬぐいながら・・・、

途中太ももの裏に違和感を感じながら・・・、

見事に完走!4往復一人で歩ききりました!


コレは播種直後の様子。




種まきは無事にフィニートしましたが、まだまだ作業は続きます!

種を葉っぱの下に落としていきます。

機械を使ってすり込んで・・・

ブラシを使ってすり込んで・・・

何回も、何回も。

そして・・・、すり込みが終わりまして・・・。


最後は水をまいて今度こそ終了です!

大変な2日間でしたが(特にあじさんが!)、無事に終えることができまして。

しばらくは養生期間となります。

これからしばらくは水やりが大事な仕事です。。。

お問い合わせ